ファミリーツリー神殿家族歴史メモ

神殿家族歴史メモ
1家庭の夕べの中で5分から10分の家族歴史タイムを設けていただく


2、その中での活動候補
①小冊子「私の家族」を自分の名前から記録する

案内ビデオ


(私の家族と言う小冊子が残っていれば。現在絶版配送センターでも取り扱ってないと)
②子供たち、あるいは登録してない人はファミリーサーチの登録をしていただく。
自分の名前 生年月日 協会会員番号 メルアド(承諾があれば他の人でもか、またはショートメールが届く電話番号 以上4点
※スマホがあればそこから登録できる。
事例、娘は登録経験がほとんどないのに15分で登録できた。(他の協会員の登録)

③家族の系図記録の中から110年以上経っている名前を探すプログラム。

④家族のケース記録の中から名前が載っていないが存在が明らかな人を見つけてケーズに記録するプログラム。

⑤添削作業を行う。
現在日本の検索作業ができる記録はないが(2020年10月16日現在)
外国の記憶などを添削作業することができる。少しの英語力があるならばアルファベットの読解力を訓練して活動参加が可能である。

⑥添削作業の一環として住所の標準化プログラムを行う。

www.familysearch.org


これも現在日本の活動はないが、各国の登録された記録の住所の標準化がプログラムされている。(URLを添付)
少しの英語力があればお手伝いすることができる。
日本語でチェックすることができる。
江沢は現在50名以上を標準化している。(Google翻訳を利用することが多い)

このプログラムは候補者の中から1番近い住所を選び出すものであって、3つ下4つの午後1から1番記録一番近い記録を選ぶ。

修正が可能だし最初の登録は消えないので、ある程度今日はないで取り組むことができる。
若い人には、英語圏の住所の読み方を勉強できる。

以上を適切なURLをつけて今日中に、定員会会長に送付する